院内紹介

TOP >  院内紹介

横浜じんせい病院の院内紹介

横浜じんせい病院は、市営地下鉄ブルーライン「港南中央駅」より徒歩3分のところにある地域密着の病院です。通院される患者様も入院患者様も快適にご利用いただけるよう、充実した設備を整えています。

外観

5階建ての白い建物です。「港南中央駅」より徒歩3分であり、駅から近く通院しやすい立地にあります。通院透析・入院透析に対応できる41床の透析ベッドと、50床の医療療養病床を備えています。

エントランス

ご来院時にはこちらのエントランスからお入りください。院内はバリアフリー設計となっており、車椅子の方や足が不自由な方も安心してお越しいただけます。

受付

ご来院されたらまずはこちらで受付をお済ませください。初診の方は、健康保険証の提示をお願いいたします。受付を済ませたら、スタッフがお呼びするまで、ソファーにお座りになってお待ちください。

透析室

患者様のプライバシーを確保できるよう、また車椅子からベッドへスムーズに移動ができるよう、ベッドの間隔を広めにとっています。また、各ベッドに1台ずつテレビモニターを設置しており、無料で自由にご視聴いただけます。

機能訓練室

運動能力や日常生活動作の維持・向上を目的としたリハビリを実施しています。歩行練習や立ち上がり訓練、バランス運動、階段昇降運動、ストレッチ、マッサージなどを行っています。

療養型病床

明るく清潔感のある病室です。看護師や介護スタッフが中心となり、あたたかな看護・介護ケアに努めています。入院中の透析も可能です。

外来診察室

一般外来として内科診療にも対応しています。大学病院の協力を得て各専門医が診察を担当しており、高度な医療を提供しています。

院内厨房

入院患者様や透析を受けられる患者様にご提供する食事をつくっています。疾患に合わせてカロリー・塩分・栄養などのバランスを緻密に計算して調理した食事を提供しています。